CAD導入で開発リードタイムが大幅に短縮!!


CAD導入のメリットは何か

CADを導入することで、設計時間が大幅に短縮できます。なぜなら、ドラフターを使って手書きで書いていたものが、マウス一つで線を引くことも線を消すことも簡単にできるからです。さらに、破線や一点鎖線など線種についても選択するだけですし、キリ穴記号やタップ穴記号も同じく選択するだけなので、製図にかかる時間が大幅に短縮できます。CADは、PC上のデータなので図面管理がとてもやり易くなりますし、バックアップも簡単にとることができるので、万が一のデータ破損のトラブル時にも安心です。図面データなので、部署をまたいだ多くの設計者間で情報を共有しやすくなり、会社としての共通プラットフォームとして使うこともできます。

三次元CAD導入の勧め

CADの中でも特にお勧めなのが、三次元CADです。部品を三次元化することで、設計者の頭の中でしかイメージできなかったものが、誰でも形状をイメージをすることができるようになります。そのため、図面が専門でない営業や製造の方にも説明がしやすくなり、結果として商品開発のリードタイムも大幅に短縮できます。三次元CADは、部品を回転やズームさせながら様々な視点から確認することができるので、干渉や加工形状の確認も簡単にできます。さらに、3次元データをもとに、強度解析を行うことができるので、部品の耐久性や歪みの検討などが簡単に行えます。こうすることで、商品の品質も大幅に向上できるので市場出荷後のトラブルも大幅に減らすことができます。

水道CADは上下水道の工事に関する配管図面や申請書類をパソコンで作るために利用されます。手書きで設計図や申請書を作成する場合よりも、業務効率を高めることができます。