金属製品の品質保持に不可欠!酸洗いの詳細を学んで必要性を理解しよう!


酸洗いは汚れの除去と再付着の防止が目的

金属製品の汚れを取り除く方法として酸洗いが広く普及しています。長く使い続けている金属製品はサビが発生して見栄えが悪くなる他、皮脂や薬品などの汚れが付着することで表面が傷み、腐食などの不具合に見舞われるケースが少なくありません。トラブルの原因になるサビや汚れは早急な除去が必要です。また、溶接時に発生する焼けや成形の際に金型からスムーズに取り出す目的で使う剥離剤などの異物も金属製品を傷める原因なので、酸洗いによる除去が不可欠です。薬剤の作用でサビや汚れを溶解させるのでブラシなどで擦る必要が無いことから、金属製品に傷が付く心配がありません。ねじ止めや溶接部分など、細かい凹凸に入り込んだ汚れも余さずに除去出来るのも酸洗いの利点の一つです。薬剤で皮膜が形成されることにより、新たな汚れが付着するのを防ぐ効果も得られます。

酸洗いの手順と安全性について

酸洗いは専用の薬剤を塗布して汚れを溶解させ、洗浄液を使って洗い流すのが一般的な作業手順です。金属製品の形状によっては薬剤につけおきをするなど細かい違いはありますが、汚れを溶解させて洗い流す方法は共通しています。酸洗いはその作業内容から大量の廃液が発生するので、作業の際は安全管理に細心の注意を払うことが重要です。強酸性の薬剤には人体に有害な成分が含まれているので、飛沫の付着や蒸気の吸引などを避ける必要があります。保護具を使い、作業場の換気を入念に行うのが事故を防ぐための条件です。また、廃液の処理についても環境への影響を考慮し、適切な方法で行うのが社会的責務です。廃液の処理が自分では出来ない場合は専門の処理業者に依頼するのが正しい方法になります。

酸洗いは焼け取りに効果を発揮する処理法で、経済的でもあります。金属表面の洗浄はもちろん、ステンレス材の表面に皮膜を再形成したり、メッキや塗装の下地処理としても有効です。