卵子提供の準備を始める際に特に大事なことは?


不妊治療の実績がある海外の病院とコンタクトを取ろう

卵子提供に向けた準備を始めるにあたり、数多くの不妊治療の実績がある海外の産婦人科の病院とコンタクトを取ることが重要です。特に、人工授精や体外受精などの治療を行っても十分に効果を得られなかった場合には、最先端の生殖医療が行われている病院を優先的に選ぶことが大切です。最近では、日本人の夫婦の受け入れを強化している海外の病院の数も増えており、早いうちから卵子提供のために必要な検査を受けられる病院を探すことがおすすめです。なお、卵子提供が可能な年齢については、各病院の治療実績や担当の医師の判断などによって大きく異なるため、渡航の前にメールや電話で信頼できる病院の担当者と念入りに打ち合わせをすることが肝心です。

卵子提供に掛かるトータルの費用を確認しよう

卵子提供に掛かる費用には検査費や治療費、入院費などがあり、人によっては五百万円を超える出費が必要となるケースもあります。そこで、近い将来に卵子提供を考えている場合には、国内のエージェントに相談をして、費用の支払いのタイミングやトータルの費用についてアドバイスを受けることがおすすめです。一般的に、子宮や卵巣などの婦人科系の疾患がある人や、40歳以上の人については、通常よりも費用が高くなる傾向があるため、早めに資金集めを始めると良いでしょう。その他、医療費が高額な国や地域で卵子提供を受けるにあたっては、費用に関するトラブルを避けるため、日本語や英語でやり取りができる相談員や医療スタッフがいる病院を選ぶと良いでしょう。

卵子提供は、子どもが欲しいけど卵巣や卵管に異常があり妊娠をすることが出来ない女性の妊娠と出産を可能にする方法です。