緑あふれる場所で眠りたい方必見!現代のお墓事情


毎日でも気軽に行けるお墓参り

緑に囲まれた公園のようなガーデニング霊園が増えてきています。公園のように緑が溢れ、ベンチなどが置かれてくつろげるようになっています。樹木だけでなく、季節の花々やバラ園のような霊園もあり、公園を散歩するように毎日お参りに行けますよ。花に囲まれて眠りたいという方に利用されています。樹木の管理費が必要なため、費用の面では、高い傾向にありますが、宗派に関係なく利用できる点も、多くの方に支持されている理由の一つになっています。

ガーデニング墓地とは?

ガーデニング墓地とは、墓地の区画内に花などを植えることができる墓地で、自分たちで植物の管理をしなければなりません。花の種類によっては、制約もあるようです。花の管理が必要なので、近くにあり、いつでも行けることが場所選びには重要になってきます。

樹木葬とは、どんなお墓なの?

樹木葬では、墓石の代わりに桜やモミジ、ハナミズキなどの樹木をシンボルとするお墓のことです。管理する必要がないので、後継者のいない方や子どもにわずらわしい思いをさせたくないという方に利用されています。墓石が必要なく、遺骨を埋葬するだけのスペースで済むため、費用の面でも安く抑えられます。

全天候型の屋内ガーデニング墓地

天候に左右されることなくお墓参りができる屋内墓地や納骨堂ですが、屋内でも緑に囲まれたガーデニング墓地がつくられています。雪の降る地域では、行きたくてもお墓参りに行けないということがあるので、利用される方も多いようです。墓石の周りに草花を植えることもできるので、屋内にありながら、緑に囲まれた安らぎの空間となっています。

いせやでガーデニング霊園